2018年夏休みは『おもしろげきじょう』

2018年大分市子ども舞台芸術フェスティバル
上演作品:『おもしろげきじょう』(人形劇団京芸)

おもしろげきじょうチラシA

おもしろげきじょうチラシB
日程:2018年7月22日(日)~8月1日(水)
会場:市内12の公民館・集会所など(詳細はチラシ裏面)

鑑賞券:
◆1~3才 前売 500円(当日600円) ※0才児は無料
◆4才~おとな 前売 1,000円(当日1,200円)

大分市内のたくさんの子どもたちのもとに生の舞台を届けたい、そして地域で子どものことを考えるおとなたちとつながっていきたい。そんな願いを込めて、今年も夏休みに「大分市子ども舞台芸術フェスティバル」を開催します。今回は京都から人形劇団京芸を招いて楽しい人形劇を上演します。
『舞台がやってくる日は地域のお祭り!』
お誘いあわせのうえ、ぜひお近くの会場へおこしください。

おもしろげきじょうチラシ両面.pdf(838KB)は以下のリンクからダウンロードできます。
http://bit.ly/1807kyogei
人形劇団京芸のホームページ
http://www.kyougei.com/
子ども舞台芸術ガイド2019 作品紹介
http://kodomo-butai.jp/event-page/1909659005

5/27(日) 人形劇団むすび座公演『父と暮せば』

2018年5月 中学生以上おとな対象の舞台鑑賞会は
人形劇団むすび座公演『父と暮せば』
父と暮せばチラシ表

【日時】5月27日(日) 18:30開演
【会場】J:COMホルトホール大分 小ホール

井上ひさしの戯曲『父と暮せば』を、人形劇団むすび座が人形劇化。
ぜひごいっしょにお楽しみください。

『父と暮せば』おおいた公演両面チラシpdfは以下のリンクから。
https://goo.gl/nJKPHZ

◆人形劇団むすび座 Website
http://www.musubiza.co.jp/

◆子ども舞台芸術ガイド 掲載ページ
http://kodomo-butai.jp/event-page/1809908006

子ども劇場の会員でなくても鑑賞参加できます。
一般鑑賞券は3,000円
お問い合わせはおおいた子ども劇場事務所まで。
TEL/FAX 097-536-1038
E-mainl oitagekijo@ap.main.jp

子ども劇場の会員になって鑑賞参加することもできます。
詳しくは子ども劇場事務所にお問い合わせいただくか、
子ども劇場のwebsiteをご参照ください。
http://oitagekijo.main.jp

5/20(日) 人形劇団プーク公演『あら どこだ』

2018年5月の乳幼児(0~3才)おやこ対象のおしばい

人形劇団プーク公演
0・1・2・3才のためのおしばい『あら どこだ』


あらどこだチラシ-s

【日時】5月20日(日)  11:20開演
【会場】コンパルホール 4F集会室
【参加対象】0~3才乳幼児のおやこ 限定

神沢利子さんの詩集『あら どこだ』より誕生した、乳幼児とお父さんお母さんに向けたプーク初の「はじめてのおしばい」
詩の持つひとつひとつの言葉に想いを込めて紡ぎました。
8編のユーモラスでやさしくあたたかな世界を、ベテラン俳優早川百合子のひとり芝居で、生まれたばかりのきらきら輝く生命にふんわり、やわらかな出会いをお届けします。

『あら どこだ』おおいた公演チラシ両面pdfファイルを、
以下のリンクからダウンロードできます。
https://goo.gl/A7sNk3

◆人形劇団プーク Website
http://puk.jp/

◆子ども舞台芸術ガイド2017アーカイブより
『あら どこだ』紹介ページ
http://kodomo-butai.jp/event-page/1709863005





5/18(金),19(土) 人形劇団クラルテ公演『おきゃく、おことわり?』

2018年5月は対象年齢別に人形劇3作品の上演です。
幼児~小学生対象は
人形劇団クラルテ公演『おきゃく、おことわり?』

おきゃくチラシ表-s

【日時】
5月18日(金) 18:30開演
5月19日(土) ①10:30開演 ②15:00開演
※上演時間 約55分 開場は20分前です。
【会場】
アイネス 2F大会議室
【主な対象年齢】
幼児~小学生のおやこ


【おはなし】
大きなクマと小さなネズミの物語。
森の家にひとりで暮らすクマは毎朝毎日同じように目覚め、同じようにイスに座り、同じようにミルクティーを飲みます。そこへミルクティーのあまーい匂いに誘われて、好奇心いっぱいの一匹のネズミがやってきました。ネズミはクマの家のドアをノックします。が、お茶の時間を邪魔されて、クマは強く追い返します。
「おきゃく、おことわり!」さてさてどうなることやら...。


『おきゃく、おことわり?』チラシの両面pdfファイルを、
以下のリンクからダウンロードできます。
https://goo.gl/xk1FHQ

◆人形劇団クラルテのウェブサイト
http://www.clarte-net.co.jp/

◆子ども舞台芸術作品ガイド2018 作品紹介ページ
http://kodomo-butai.jp/event-page/1809739002

3/4(日)『きんぎょがにげた・他』

五味太郎さんのベストセラー絵本『きんぎょがにげた』が、
インドネシアの伝統影絵の手法とガムラン生演奏で
そのまま美しく楽しい影絵になりました。
おやこでいっしょに楽しめますよ。


想造舎
影絵音楽団くぷくぷ 公演『きんぎょがにげた』

【日時】2018年3月4日(日) ①10:30 ②15:00 の2回公演
【会場】アイネス 2F大会議室

きんぎょがにげた表面

金魚鉢から、きんぎょがにげ出した!
部屋をとびだし街へ、そして南国の森へと。
そこで誰と出会うのかな?

優しい語りと生演奏に合わせて、
みんなで歌い隠れたきんぎょをみつけよう!


併演作品
◆動物人形劇「ワニとやんちゃなしか・カンチル」
ジャワの伝統的な形式の人形劇。人気者のかしこい豆ジカ・カンチルはワニたちに捕まっても、トンチを効かして大活躍! ガムラン音楽と歌と舞が加わり、よりドラマチックな人形劇です。
◆「まる○さんかく△しかく□」
繰り返されるきらびやかな音色にのせ、影絵をファンタスティックにみせます。


影絵音楽団くぷくぷ
について

「くぷくぷ」は、ジャワ語で「チョウチョウ」の意味。
出演は影絵遣いのローフィ(ローフィット・イブラヒム)とガムランと語りの佐々木宏実。
インドネシアの伝統音楽ガムランと影絵芝居ワヤン・クリを上演するハナ☆ジョスが、幼児のために伝統の間口をひろげ幅ひろいいスタイルでの上演を目的にたちあげたユニットです。
影絵にガムランの生演奏と語りを加えたアジアン風の独特なスタイルが特徴。ワヤン・クリは、1,000年の歴史がありユネスコの無形文化遺産に登録されてます。

この作品との出会いを機会に、子ども劇場でおやこで生の舞台を楽しんだり、お友だちとあそびを楽しんだり、地域でお友だち作りをしませんか?
きんぎょがにげた裏面


プロフィール

おおいた子ども劇場

Author:おおいた子ども劇場
生の舞台の感動と、たくさんの楽しい仲間に出会える子ども劇場

LINE@友だち追加
友だち追加数
カテゴリー
リンク
最近の記事+コメント
メールフォーム
事務局へメールを送れます。
お問い合わせ、資料希望など
お気軽にどうぞ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード