スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(感想)『地獄八景亡者戯Ⅱ~じんたろうと眠り竜の巻』

10月小学生以上~高学年・おとな対象例会
人形劇団むすび座公演
『地獄八景亡者戯Ⅱ~じんたろうと眠り竜の巻』
10月8日(日) 18:30開演 農業会館 6Fホール

会場で寄せられた感想を紹介します。


EPSON062.jpg
(7才/男子)

EPSON059.jpg
(7才/女子)

EPSON058.jpg
(9才/女子)


☆戦争のこわさが伝わりました(10才/女子)

☆予想をはるかにこえるえん出で会場を盛り上げていて、すごっかったです。
戦争についてあまり知らない私たちに、楽しいげきを通して教えてくれたので、楽しみながらしっかり、知ることができました。
感動・笑いを感じられたのは久しぶりです。本当に楽しいぶたいでした。
(10才/女子)


EPSON060.jpg
(10才/女子)

☆ふだん、あまり戦争について考えることがなく、今日のぶたいでたくさん知ることができました。感動するところもありで、とてもおもしろかったです。
ありがとうございました。
(11才/女子)

EPSON064.jpg
(11才/女子)

EPSON061.jpg
(11才/女子)

EPSON063.jpg
(16才/女子)

☆「戦争が過去のものではない」まさに今の日本だと思いました。
今の日本を決めるのは今の大人達。親の私達の正しい判断で未来が決まるのでは・・・。
この時期にこの劇を観られて、本当に良かったです。
(おとな)

☆とても良い作品をみせていただきました。むすび座の皆様、ありがとうございました。
大人達には選挙がさわがれているこの時期、昔にさかのぼって地獄(戦争)をみせてくれる竜。そうか、昔とはほんの70年程昔で、地獄はその時の戦争で十分。そして子どもたちにも私たちにもとても現実的です。
最後に会場の竜を見つめて追う子どもたちの視線に、「この芝居のことを忘れないで」と願う自分がいました。
(おとな)

スポンサーサイト
  1. 2017/10/16(月) 16:10:18|
  2. 舞台芸術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月の舞台鑑賞会

facebookの記事にリンクしています
  1. 2017/09/25(月) 11:21:19|
  2. 舞台芸術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『笛師九兵衛カラクリズムコンサート』

今年の夏休みは地域でコンサートをいっしょに楽しみませんか。
世界にひとつだけの手作り楽器によるコンサート。
大分市内10ヶ所にて。ぜひご参加ください。
葦笛工房『笛師九兵衛 カラクリズムコンサート』

笛師九兵衛カラクリチラシ表

チラシ両面PDF>>>こちら

【公演日程】
① 7月21日(金) 10:00開演 大分西部公民館 集会室★
② 7月21日(金) 15:00開演 コンパルホール300号
③ 7月22日(土) 18:30開演 アイネス2F大会議室★
④ 7月24日(月) 10:00開演 丹生校区公民館
⑤ 7月25日(火) 10:30開演 判田台集会所ホール
⑥ 7月26日(水) 10:30開演 下郡校区公民館★(北下郡公民館)
ー 7月27日(木) 09:45開演 碩田学園小アリーナ(育成クラブ公演)
⑦ 7月27日(木) 15:00開演 横瀬地区公民館
⑧ 7月28日(金) 10:00開演 敷戸公民館 2Fホール
⑨ 7月28日(金) 15:00開演 寒田区公民館 ホール

★マークの会場は駐車スペースが少ないのでご注意ください。

どなたでも鑑賞券で参加することができます。
1歳~3歳 500円(当日600円)0歳は無料。
4歳~おとな 1,000円(当日1,200円)
※小学生以下の子どもたちの鑑賞券には、
 大分市発行の「
子育てほっとクーポン」を利用することができます。

【チケットのお申し込み】
申込者名:
住所:
連絡先(電話番号):
参加希望のステージ番号:①~⑨のいづれか
鑑賞券申込数 1~3歳( )枚+4歳以上( )枚

以上の内容を、電話やFAX、メールにてご連絡ください

大分市子ども舞台芸術フェスティバル実行委員会
(おおいた子ども劇場内)
TEL/FAX 097-536-1038 E-mail oitagekijo@ap.main.jp





  1. 2017/07/28(金) 15:00:00|
  2. 舞台芸術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇団仲間『ぼくはアフリカにすむキリンといいます』

5月幼児・低学年対象例会(舞台鑑賞会)は
劇団仲間公演
『ぼくはアフリカにすむキリンといいます』

とき:5月28日(日) 15:30開演

ところ:ホルトホール大分 小ホール



ぼくはアフリカに~チラシ表

両面チラシpdfデータ→
こちら

アフリカにすむ一頭のたいくつなキリンが、手紙を書きました。
配達をするのは、やはりたいくつなペリカン。
「地平線のむこうでさいしょにあった動物」あてにかかれた手紙は、
だれにとどいたかというと……。
そして、それからどうしたかっていうと…?


キリンさんのふとした思いつきから始まるこの物語。
未知のものへの興味がたくさんの出会いを生み出していきます。
そして新しい世界へふみだす勇気をわきたたせてくれます。
お芝居をみにきてくれる子どもたちも、キリンたちといっしょにワクワクしながら、空想することの楽しさを体験できたら・・・と願っています。

この機会に子ども劇場に入会していっしょに舞台の楽しさ、感動を共有したり、地域で楽しく遊びあったりしませんか?

  1. 2017/05/28(日) 15:30:00|
  2. 舞台芸術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

0~3歳乳幼児親子対象『ぐぅちょっぱっ劇場』

5月は0~3歳の乳幼児親子を対象にした例会(舞台鑑賞会)があります。
NPO法人あそび環境Museumアフタフ・バーバンによる

『ぐぅちょっぱっ劇場』

とき:5月21日(日)11:00開演

ところ:コンパルホール 300会議室


ぐぅちょっぱっ劇場~チラシ表s

両面チラシpdfデータこちら


「ぐぅ」と「ちょっ」と「ぱ~」を真ん中にして、子どもと大人が自分の中の想いを積み重ね、ひとつの形にしていく時間。
それが「ぐぅちょっぱ劇場」です。
言ってみよう!演ってみたい!という、ほんの少しの勇気と関わりあう仲間と認め合う笑顔があれば、「ぐぅちょっぱっ」の世界は無限に広がっていきます。
前半は、「ぐぅ・ちょっ・ぱっ」の遊びうたを手がかりに、体を使ったり想像力を使ってあそびます。
後半は、エリック・カールの『はらぺこあおむし』をモチーフに、「あおむしくんのぼうけん」というお話を、軍手やひもを使っていろんな表現をします。客席もいつのまにか演じる側となり、いっしょにお話の世界を遊んでいこうというものです。


みどりの森で生まれたあおむし君は、色んな食べ物を食べて成長していきます。しかし、くもに追われ、違う森へ落っこちてしまいます。でもその森でもたくましく色んな食べ物を食べていくあおむし君でしたが、ついにおなかが痛くなって動けなくなってしまいます。
さぁ、あおむしは自分の森に帰れるのでしょうか。そしてやがて蝶になって飛び立つことができるのでしょうか。

5月の舞台鑑賞を機会に子ども劇場に入会して親子で生の舞台を楽しんだり、子育て仲間とおしゃべりしたり、あそんだりしませんか?
どうぞ気軽にご入会ください。



  1. 2017/05/21(日) 15:30:00|
  2. 舞台芸術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。