スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/8(日) 乳幼児期の子育て学習会

2月8日(日)に子育て学習会行います。
テーマは「スマホ社会と乳幼児期の子育て」
子育て学習会 案内
◇講師 黒田 可奈子さん
    (NPO法人子どもとメディア 公式インストラクター)
◇日時    2015年2月8日(日)
       午後2:00~4:00 (受付 1:45~)
◇ところ ホルトホール大分 402会議室(和室)
◇参加費 500円


いま、私たちはテレビ、パソコン、スマホ、タブレットなど、さまざまな電子メディアに日々ふれながら生活しています。便利さを感じる一方で、子どもの育ちに影響はないのだろうか?と不安に感じることも多いと思います。
 今回は、乳幼児期の子育てのなかでスマホなどのメディアとどう付き合って行ったらいいのかを学び、気になることや悩みも出し合い、交流会したいと学習会を企画しました。
 乳幼児をもつ親の皆さんはもちろん、関心のある方ならどなたでも参加大歓迎です。一緒に学び、考えあいましょう。

◇講師紹介◇黒田 可奈子さん
NPO法人子どもとメディア事務局長・子どもとメディア公式インストラクター。小学校・中学校・高等学校・特別支援学校・保護者・教職員・地域向けなどに出向き講演活動を行っている。いま、生活に欠かせなくなっているメディアについて、便利・楽しい・必要なことを踏まえ、子どもとメディアとの良い関係作り、上手な付き合い方を伝えている。
家族は夫と息子(高1・中1・小4)との5人家族。テレビ、ゲーム、スマホなどメディア好きに囲まれ、まずは身近な家族と一緒に「メディアとのいい関係」を作れるように日々研究中。
太宰府市社会教育委員、太宰府市図書館協議会委員、子育て支援ボランティア団体「だざいふチャイルドコミュニティセンター・りんどれ」代表として地域での啓発、居場所作りも行っている。

NPO法人子どもとメディア◇
テレビ・ビデオ・ゲーム・ケータイ・パソコンなど、子どもたちの“メディア漬け”や“ネット依存”“が進み、心身の発達に与える影響について、危機感が広がっています。
NPO法人子どもとメディアでは、医療や福祉、教育、メディアなど、分野を超えた専門家、地域子ども活動、保育園、学校、新聞、放送などの関係者による市民共同型NPOです。
 これまでに、子どもとメディアに関する実態調査やメディアリテラシーの実践・研究などを実施、ノーテレビやアウトメディアの取り組みなど、さまざまな社会的提言をおこなってきました。
 激変するメディア環境のなか、子どもたちが情報の洪水に流されることなく、主体的に向き合う力を育み、メディアとの“新しい関係”を創り出していくことをめざして、活動をすすめています。
子どもとメディアのホームページは→コチラから


※お子さま連れの参加ができません。託児が必要な場合、ホルトホール大分内には託児サービス『駅南キッズステーションにゃ~ご』(有料)があります。各自で事前にお申込みください。
お問合せ先は、TEL097-576-8885


【お申込み・お問合せ】
お申込みは、NPO法人おおいた子ども劇場事務所まで。
電話/FAX/メールどれでも可
〒870-0021 大分市府内町1-6-11 小財ビル502号 
TEL&FAX (097)536-1038 E-mail oitagekijo@ap.main.jp 
あんないチラシ→コチラから
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

おおいた子ども劇場

Author:おおいた子ども劇場
生の舞台の感動と、たくさんの楽しい仲間に出会える子ども劇場

LINE@友だち追加
友だち追加数
カテゴリー
リンク
最近の記事+コメント
メールフォーム
事務局へメールを送れます。
お問い合わせ、資料希望など
お気軽にどうぞ。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。